花粉と喉の痛み

花粉といえば、鼻や目の症状が良く言われますが、
喉の弱い方にとっては喉の痛みなどの症状があらわれたりもします。

通常は喉に違和感を感じイガイガしたり、
かゆみを感じる事もありまがひどくなると喉の痛みを引き起こします。

花粉シーズンは早いところでは、
2月中旬からは始まると言われています。

スギやヒノキが代表されていますが、
人によって反応する花粉の種類も違い、
花粉の種類も他にも様々あります。

花粉が大量に飛ぶ条件としては、晴れて気温が高い日や
空気が乾燥している日、雨上がりの翌日などは花粉が
一斉に開花するので特に多いようです。

また風が強い日はかなり遠くまで飛来するので
広範囲が被害に遭います。

今まで花粉症でない人も新たに発症する心配がありますので
花粉が飛ぶ前に予防をする事が大切です。

喉に対する対策としては、マスクなどで喉に侵入することを
防ぐことが一番ですが、マスクだけでは不十分です。

喉の渇きも喉にダメージを与える原因になるからです。

喉は粘膜の働きによって細菌などの侵入を防いでいますが、
喉の渇きによって免疫力が低下します。

のどには線毛と呼ばれる細かい毛が生えていて、
喉から侵入する異物を排出する為に活発な運動をしていますが、
水分が不足することにより線毛の働きも悪くなり、
花粉やウイルスなどの異物の侵入を引きをしやすくします。

線毛細胞が剥がれ落ちる事もありますので、
こまめな水分補給はかならず必要です。

喉が渇いたと感じてからでは既に遅いそうです。

喉が渇く前に早め早めの水分補給が大切になります。

水分を十分に補給することにより、喉の粘膜の繊毛運動が活性化され、
花粉などの不要物を排出しやすく保つことができますので、
のどにとっても水分補給は必須といえます。



女性の悩みにハーブティーがおすすめ
posted by nodoitami at 18:51 | 対策

南アフリカランドFX